望遠縛り

先日言っていた鳥の人を交えて、にわか&リエ&カナと鳥見して遊んできました。と言う訳で今日はほぼ鳥。そして望遠レンズ縛り。

縛りと言うか望遠じゃないとやってらんなかったってだけですが。明日は広角使えるかなー。

んでまあ、僕は鳥撮るようなレンズは生憎持ち合わせていないので、例によって蛇撮りレンズにあれこれやってこの日は換算約600~950㎜相当を主軸に。ウォーズマン理論的な焦点距離の伸ばし方なので写真はだいぶアレですけれど、そこはまあ本業じゃないので…と言い訳しときます。

さて、例の鳥の人、僕の期待した通りのお方でとても参考になりました。元カメラ屋さんだけあって機材知識も尋常じゃなく、割と突っ込んだ話も出来て良かったです。特に今までなんとなく鳥を撮っていたけれど、これからちょっと真面目に撮ってみようかなあと思っていた僕や、写真をちゃんと始めようと思っているリエカナにはだいぶ収穫があったのでは。まあリエカナ両名はともかく、僕的には鳥は軽い気持ちで始められるもんじゃないな、と心砕かれた感ありますが(苦笑

なお先方も僕のことはご存じだったようで、今年撮った蛇写真色々お見せしたら大層喜んで頂けました。見たい人に見せる、と言うのがやっぱり一番良いですね。生の感想を頂けると今後に繋がりますし。”自然写真”と言う形に拘り続ける以上は撮影者の意思が介入しづらいですが、そんな撮影における自分なりの表現・工夫・苦労を汲み取って頂けると言うのも報われると言いますか。あと蛇用レンズに興味深々なようでした(笑)

肝心の鳥写真の方はほぼ鳥の人のお宅のお庭で雑談しながら撮ってただけなので、珍しい鳥なんかは撮ってませんが、むしろ僕ら的にはそう言うのこそ大歓迎という感じです。

まあ文章をだらだら書いても仕方がないので、背景や被写体的に地域特定不可能な無難な感じのものをぺたぺたと貼っていこうかなと思います。

と言う訳で…

まだおったんか、ヤマトシジミ。@900mm。
いきなり虫。鳥写真貼るとか言っておきながら…。

畑の竹杭に止まったじょびお@650㎜相当。ただでさえ警戒心薄目なじょびだが、農耕地で人がそれなりに出入りするのもあって結構な近距離でも余裕かましてた。直線15mぐらいかなあ。もっと望遠あればアップも撮れたのになあ。たられば。蛇撮りの650mmモードから800mm overへの換装はちょっと手間がかかるのでチェンジ間に合わず。

柿。虫も鳥もいない。なんとなく柿と背景の色味が好きだなーと思っただけ(笑)

サワガニ@850㎜。
望遠過ぎて逆に撮るのめちゃくちゃしんどかったやつ。
マクロも広角も普通に持ってたから使えばよかったんだけど、まあそう言うのもいいよね、的な事を言ってお茶濁す。

僕が好きな鳥トップ3には入るモズ@950mm。って言うか好きな鳥No.1だけども。
結構警戒心が強めなので、超望遠持ってないとつらい。ちなみにNo.2はカササギ、No.3は鳶。今月中に自分に合った望遠用意できたらNo.2,3も撮りに行きたいね。

コゲラ。この写真ではないけど、柿食ってるやつもおった。ドラミングして虫穿り返して食うイメージしかなかったが、柿も食うんな。

ロックオンされるジョロウグモ。
本気で狙ったわけじゃなくてちょっかい出されただけっぽかった。一命は取り留めたようだが、一般的にはこうやって足無くなるんかね。

んー…

写真貼るのめんどくさくなったから唐突だけど終わる。鳥見は楽しかったが、写真のクオリティがダメ過ぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です