会場

一昨日の夜…この日はいたる所でホソウスバフユシャクが交尾をしていました。

極一般的な地域ではフユシャク亜科のシーズンはいよいよ終わりが近づいています。アザラシ的なこの姿を見るのも今シーズンはもう間もなく終わるかと思うと寂しいですね。

こちらは別ペア。
意外にもどちらも川際の断崖にある柵の上で配偶行動に出ていました。下はすぐ川だと言うのにどこから登ってきたと言うのか。

アングル的に平面の上にいるように見えますが、こちらは樹幹を登って行くペア。雌の牽引によってどんどん樹上に向けて引き摺られて行きます。雌の顔が向いているのが樹上方向。登って行くのを見上げて撮っています。

=================================================

 ところで最近僕的に楽しい話題が少なくて鬱々とした気分になりがちなので、なんか面白い事企画したいなーとか思ってて。まあド派手な企画とか出来ないですし、COVID-19が怖いのでリアルで人が集まるイベントとかはできないですけれど。
んで、折角サイトがある訳だし、RAWファイル(NEF)公開して現像してもらう遊びとかどうかなー?とか思ってるんだけどやりたい人おる…?僕は夜撮影がメインなのでそう言うお遊び向けの写真が出てくるかは掘り返してみないとちょっとわからんけど。

むしろ僕の方が他人のRAW現像して遊びたいぐらいなんだが、ファイルの受け渡しが若干面倒なのと、RAW出しても良いって人少なそうだしなーとは思っている。Dropboxとか使えば別に普通に出来るとは思うが。

まあちょっと脱線したけど、もしやってみたいって人おったらここのコメントでもお問い合わせからでも、もしくはTwitterのリプでもDMでもLINEでも何でもいいので声かけてくれたら準備してみる。
この写真現像してみたい!って言うのもあれば場合によっては出せたりするかも知れないのでダメ元でも言ってくれたら。ダメな場合はプロトタイプシステム使っててEXIF出せないとかそんな事情だと思われる。結構多いので希望には添えない可能性もそこそこ高いのだけれども。まあ企画自体は希望さえあればやるつもりで準備しておくのでよろしくお願いします。

コメント コメントを追加

  1. ひませ より:

    フユシャクの交尾は雌が先導するという衝撃の事実。雄は翅が生えていますが、身体の線は雌の方が力強そうなので納得です(笑)

    RAW現像大会楽しそうですね。開催の際はぜひ参加させてください~!

    そうそう、「写真を批評し合う場」が見つからんという話ですが某ミジンコ写真家さんからgitlabというサービスを紹介してもらいました。(Tamaoya氏はご存知かもしれません)機能開拓をしている最中なので目的にどこまで合致しているか定かではありませんが…一応お知らせしておきます~

    1. Tamaoya より:

      フユシャク雌の先導は意外ですよね。僕も最初は驚きましたが、冷静に考えたら他の蛾類全般交尾の際は雌が上で雄が下(雌が枝などに捕まり雄が宙ぶらりん)と言うのがスタンダードなようなので、フユシャクも同様って事なのかも知れません。

      RAW現像遊び、他にももう一件リクエストが来ていたので、現在準備なうです。こちらは間もなく準備が終わるので、終わり次第公開しておきますね(予定)。初の試みなので不手際あるかもですが、公開後は是非ご自由に遊んでみてください。

      >GitLab
      Gitは使った事無いですが、VCS(Gitと同じようなバージョン管理システム)自体は使っているので雰囲気はわかります。それにしても写真をリポジトリで管理するのはなんか新しいですね。
      どう言う運用を想定しているのかは興味がそそられる所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です