眼デカ

今日は、目デカのルチル氏。(爬虫類飼育者は個体にいちいち名前付けない人も多いかと思いますが、うちは配偶者も爬虫類飼育しているので、話題に上がったりする時に名前がないとかえって面倒なので全個体名前付けています。) うちのレ…

前言通り

昨日の日記で書いた通り、うちの子です(笑) どうやらこのブログ、ハイナンとかゴマバラで検索して辿り着いている方が一定割合おられるようで、そう言う方向け(?)にまずはハイナンから。 と言ってもまあ、なんと言いますかゴニはほ…

壁面登りの…

壁面登りのシロマダラ。こやつも幼蛇です。 まぁ今日もろくでもないシーンです。ほんと、もっといいシーンに会いたいですが、しかし大半の蛇は上手い事隠れてるんですよね。 蛇探し始めてもうかなりの年月が経つんですけれど、1000…

僕のスーパーアイドル -ジムグリ-

我が市内ではなかなか遭遇が厳しく八種の中で一番厳しいジムグリですが、やはり今はいい時期です。地域差標高差等による時期のずれはあるでしょうが、うちの地域では例年9月25日前後が幼蛇のハッチシーズンなので比較的出会いやすいで…

夏の終わり

夏の夜の間に元気に咲いていたカラスウリやマツヨイグサが終わり、そしてこちらのマルバルコウソウも流石にもうそろそろ元気が無くなってきました。 あー夏も終わりだなーと言う感じです。気温はもう随分前からだいぶ涼しいんですが。 …

植物

植物の事はほんと疎いんですが、生物屋の端くれなら少しでも多く知っておくと色々有利ですよね。例えば蛾の食草だったりだとか、甲虫の発生木だったりとか。で、それらを知っておけば捕食者たる鳥やヤモリや蛙、更にそれを狙う蛇等…と、…

ヒメカマキリ

ヒメカマキリ。たぶん、サツマじゃない普通のヒメカマキリかなーと。 某滝道にオオサンショウウオを見に行くついでに、随分前に玉切れになっていた水銀灯を確認して回っていたらついていました。 同定ポイントは色々あるようなのだけど…

Tree Frog

モリアオガエル。某高標高地のミズナラの樹の上にいるのを同行者が見つけた。 とても良く肥えていて、70mm超の大物だった。 カエルと言うと繁殖期に群がっている写真の方が良く目にする機会が多いが、探す場所さえ間違えなければ1…

ヤママユ

(D500 Tokina107 17mm ss1/350 f/10) 先日のライト終盤で大量に飛来したヤママユガ。 普通種との事だけど、実は蛾に興味を持つまで一度も見た事が無かった。 フィールド屋の真似事をするようになっ…

Catocala

高標高地には割とよくいる気がするベニシタバ。7-9月頃発生するとされる。 翅を閉じている時は地味そのものだけど、広げるとピンク色の下翅(シタバ)が大変美しい。 ちなみにCatocalaと言う属名は、ギリシャ語のkatoと…

高標高地の…

低地のタゴと言えばオレンジ色のかった褐色が多い気がするけれど、高標高、とりわけ1000m以上の高地にいるタゴガエルは斑紋の出方の雰囲気が違う個体が多いような気がする。 この個体はスキー場脇の沢にいた個体。 随分前に同系山…

隠れたつもりの

壁面と落ち葉で隠れたつもりのアオダイショウ幼蛇。 表情からはあまり緊張感が感じられないが、特に人を怖がるようなそぶりは全く見せなかった。 9月10月は本州蛇8種は幼蛇を含めて出会いやすい時期。 ポイントさえ誤らなければ幾…