もう一声

久々登場、うちの子蛇。もう全然子供感無いけど。この子は4号。 こっちは1号。同クラッチの兄弟だけど7匹産まれて、全員印象が全然違う感じに育ってるのがほんと面白い。いっつも暖かいシーズンになると外が楽しくて忘れちゃうんだが…

紅い瞳の

今年は虹彩の赤成分が強いアオダイショウによく出会う。 この個体は発見場所的に多分夏頃の夜、石垣で大人しく寝ていたの眷属だと思うんだけど、ぱっと見た時には一瞬シマヘビと見紛うぐらいには目の赤が印象深い。顔つきとかかっこいい…

新世界の扉

前々から悩んでいた望遠レンズ、先週位にやっとこ購入に至った。 結局買ったのはTAMRONの150-600mmのG2。A022。 買う前日にまた梅田ヨドバシに出向いて触ってたんだけど、この時の印象ではもうシグマでもタムロン…

柿泥棒

農家の人が「最近柿泥棒が出てよ」と言うので気にして見ていたら、犯人見つけた。   最近巷を騒がせているアライさん。どこにでも現れよるなあ。

油断し過ぎ

幼蛇に多いんだが、巨大生物(人間)に目の前まで来られてるのにぼーっとしてるようではアカンで。特にこの季節、久方ぶりに出て来て感の鈍ってる個体に多いやね。 まあ撮影者的には楽できていいんだけど、全然サマになりませんわ。

擬態

たぶんスズキナガハナアブ。擬態、してんだよね?ハチに。 (Ai AF Zoom Micro Nikkor 70-180mm f/4.5-5.6D ED) D90使ってた頃は便利で多用してたんだけど、D7100、D750と…

目的

産卵前のエネルギー補給が目的なのか、最近灯火に集まるカマキリたちをよく見かける。 上の写真は灯火にやってきたコカマキリの雌。灯火と言ってもLED電灯だし季節も季節なので効率はあまり良くなさそうだが。単に光に寄せられただけ…

プロフェッショナル

毎度の事ながら蜘蛛すげーわ。トラップの設置位置が的確過ぎてもう…。 多分捕らえられたのはクスサンだが、うちの地域ではクスサン狙うだけでもひと苦労だって言うのにジョロウグモ先生、毎度先越してくるから強敵過ぎる。 まああっち…

フィーバータイム、継続中

うちの地域では見つけるのが困難なアオダイショウ。今年は暖かい日が多いからか割とよく見るね。すんごいぼーっとしてたけど大丈夫か。 ちなみに全貌はと言うと、写真映えしないっつーか、サマにならんっつーか。まあ蛇ってそう言う生物…

誘われるが如く

秋が深まるにつれ、カマキリを見かける数がどんどん増える。 ハリガネムシの支配により、水に誘引されるのはわかるんだが、路上でぼーっとしてるやつらは何がしたいんだ? 宿主もろとも無惨な轢死体となっている姿もよく見るし…。 ま…

ブラック

黒化のシマヘビ。いわゆるカラスヘビってやつだが、ジェットブラックより白条入る個体の方が個人的には好み。ジェットブラックと言う言葉と漆黒って言う言葉、指してる物が同じなのに、感覚的にあんまりマッチしない感じがして好きじゃな…

木枯らしモドキ

なんか北の方から寒い空気が流れ込んできている気配がする。 木枯らしってほどじゃないけど、ひんやりした空気がそよそよ動いている感じ。冬も近いんだなー。 ちょっと生き物の気配も駆け込み感出て来たね。 写真は鳥が食った柿の実を…