まだ

9月が過ぎるとヤママユ、クスサン、ヒメヤママユ、ウスタビガと続くヤママユガ科ラッシュで大型蛾は終わりと言うイメージが強かったが、10月入って少ししたこの季節ってそう言えばまだエビガラスズメいる季節だったな。完全に存在を忘れていた。

周辺にはマルバルコウがアホみたいに生えてるので、その辺から飛んできたんだろう。

なお1枚目の背景に見える水銀灯の真下にはシモフリスズメの幼虫もいた。

見る人には関係のない話だが、1枚目の写真は手持ちで撮るもんじゃねえな…って感じだった。背景この程度起こすだけでもどえらい大変だったわ。素直に三脚使えよって話。まあ三脚なんて荷物的に持つ余裕ねえんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です