削られる

夜歩いていても相変わらずフユシャクの雄すら見ない陸の孤島ですが、いる所に行けばクロテンやらウスバやらいっぱいいるはずなのに何故…と言う感じ。

仕方ないので先週末は昼間だらだら歩いてみてたんですけども、鳥も相変わらず。

メジロたち。

大阪城公園とか行けば梅×メジロを300mmクラスの短いレンズで楽に撮れるのになんでこんな苦労してんだ…と精神が削られる。

今季は何故か少ないホオジロ。
鳥はホント身近なのを適当に撮れたらそれで満足なんですけども、800mm相当持ち出してもなかなか距離感しんどいですね。

過ぎ去る弾丸…じゃなくてヒヨドリ。

ラインナップも写真もひでえ…(笑)

まあ、鳥写真はすごい写真撮って来るやつらが身近にいるので、そいつらの写真で満足して、忘却の彼方に捨て去ってもいい気がしている今日この頃。望遠重いし。

いやー…

なんかそろそろちゃんと本腰入れて写真撮りたい気持ちだけはあるんですけれど、この調子じゃいつになる事やら…(笑)
決してサボってるわけじゃないのになあ。

ちなみにうちの辺りは15日位まではずっと朝方は氷点下続きの極寒だったんですけれど、ここ数日急に温度が上がって来て、凍った池もだいぶ溶けてきました。(相変わらずきったねえ池…。)

あ、池と言えば…天気図見ている限りですが、今年はカエルがだいぶ楽に見られそうな雰囲気ですね。近場で見られる人は是非。
うちの辺りは古い資料とか漁っていても、過去にいたとか言う話すらなさそうなのでやっぱ無理なんかな。いつも見に行くような場所よりもう少し近くに隠れた穴場でもありゃ良いんですけど。

しっかし、ほんと撮る物ねえや。


んでこんな時は、機材でも買って~…って普段ならなるんですが、アレですね。
どこもなんも出してきませんね。

買いたいモノが全然無い。

まー、買えない買えないと愚痴ってもしゃーないので、予め条件付きでだけど、買うもの決めておこうかな。

①Nikon Z用の50mm Microが出てきたら60mm f/2.8G発売当初の価格位までで前群繰り出しでないなら即買う。それ以上なら情報出揃ってから判断。
②105が先に出てきたら50待った上で様子見てから判断。VR105よりデカ重ならスルー。
③NikonのMicroが出ないままCanon R7が噂通りのスペックで、かつEF-M 28mm 並のマクロが出たらトータルコスト次第だが合わせて買う。
④RFのマクロが出ない/期待外れならM6 mark2 と EF-M 28mm が安くなるの待って買う。
⑤Zoom Micro Nikkorを置き換える何か出たら即買う。

とりあえずこんな感じで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です