本年度最終夜蛾探索

ほぼタイトル通り…です。

今日は今年(も)お世話になった面々に付き添い頂いて、近場の範囲をふらふらと。
特に何を探すでもないですが、冬の気配ぐらいは察知できるだろうか…と言う読みで。

ところがどっこい、雨の気配を察知したか、アマがまだしぶとく居座っていたり。
まあ今日は湿度もあるし、珍しく10度超えているのでなんらおかしくはないですけれど。

長らく蛾を探してなかったので咄嗟に名前が出てこない。
あれっぽい、ほらあれ…みたいな。

多分無印のカラスヨトウ…かな?
ちゃんと調べてないから知らんけども。

ナカオビアキナミシャク。
コイツはまあ予想通りでしたね。

類似のフユシャクはまだっぽかったですが、そらまあ11月だしなあ…とも。

昼間もいてたやつ。

探せば何匹かナカオビアキナミシャクは見つかるけれど、それでもまだピークには少し遠そうかなあと言う印象。

LED電柱にはちょろちょろと細かいのがついてたりはするんですが、最早この手のを何とか撮ろうと言う熱意もなく。

まあ、陸の孤島ではこんなもんですかね。
結局蛾は他人と競合しない良い場所でライト焚くなりするのが一番、と言う結論で。
勿論ライトじゃどうにもならない蛾もいますけれども。

・・・さて、ここからはあんまり蛾探し自体とは関係ないお話をば。
ご一緒した人には粗方喋っちゃったんですが、他の方にも諸々事情はあって~と前置きの上で。


とりあえず一応区切りとして、今年度の蛾探しはここまでとしておくことにします。
蛾探しっつーか、冬になるので虫探しを…ですかね。

あんまり行きたいところに行く訳にもいかん今は、とにかく蛾に関しては掛ける労力より得られる成果の方が遥かに小さくて、楽しさよりもしんどさの方が前面に出て来てしまっていますし、冬の冷たい空気は心臓にも良くないので休み時でしょう、と。
フユシャクもこの辺で見られる可能性があるもので見たいのはあと1種なんですが、活動時間が今の状態では絶対に見に行けない時間帯なのでこちらもお預けかな。

なお形式的に今年度と区切りましたが、来年度また蛾を探すか…と言われると、その時になってみないとわからないです。
年々行動範囲が狭まるのは確かでしょうから、やってない可能性もおおいにあります。
そん時は体がついて行かんのやな、ぐらいに思って頂ければと。

ぶっちゃけ今年春頃には体調がかなり悪化しとったんで、終活として生物関係の交友はガンガン切って行こうと思ってたんですが、能動的に切るのもなんか波風立てそうかなあとほぼフェードアウト状態で今に至ります。
実質的には今後一緒に遊んだりとかできる機会は刻々と減って行くでしょうから…その…まあ…とは思うんですけれどね。

チャンスがあればまだ好きなものぐらいは見に行きたいと言う、なんか諦めきれん気持ちも無きにしもあらずなので、そう言う意味でも辞めるとかそう言う宣言はしたくないのかなーと、自分の気持ちを振り返って思います。

大体そんな感じです。

んで、虫やらんかったら来春までこのブログはどうすんのー…って言うアレですが…。
最近はちょっとスナップ貼ったりしてみてたんですけれど、このブログでスナップとか貼るのもなんか違うなと言う感じがしますし(貼るなら別の場所の方が良さそうかな)、鳥もそんなに撮れないですしね。蛇は結構使う場所があったりするんであんまり貼れる物もなく…と。

なので、なんも思いつかん限りは当面ブログの方もお休みする日が今まで以上に増えると思います。

とりあえず言っとく事はそんなもんかなあ。

なんか漏れてる気もするけど、そん時はそん時で。

ほいでわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です