流れ流され

昨日同様大阪滞在中のうっちー夫妻、ご友人に加え、にわかちゃん参戦で夜中散策。今日はどんなところで蛇探してるのか見たいと仰るのでマムシ多いポイントへ。普段THNAフォーラム以外への掲載は封印してる蛇写真だが、今日はちょっと例外的に没カットのみ解禁。

林道登り始めてすぐ側溝で流れて来るマムシの姿が(笑) と思ったのだけど、どうやら流されているのではなく流れてたっぽい?

レンズを広角気味のに変えて撮りたかったけど、意外と流れるスピード早くて間に合わず。ピントも合わず。

普通流されてる蛇って防御姿勢取ったまま流されて行く事が多いので、どうやらこの子は流れに乗ってたようだ。

スルスルーッと泳ぐようにして一瞬で目の前を通り過ぎて行った。蛇が普段出すようなスピード感じゃなかったけど、速さに適応できんのかな。すごい。

ちなみに上の方で流れてるの見えたから、全力ダッシュで先回りしたけどこのザマw

こっちは草むらで隠れるマムシと石垣から顔出すマムシ。序盤はマムシ祭り。場所と時期的にマムシしかいないけど。

他の蛇見るにはもう少し後の方が楽ね。いない事は無いんだけど、よっぽどイージーモードな場所でもない限り同じ場所にいつもいるなんて事は無いので適当に散策。

カシかなんかの葉っぱからなんか見覚えのある三角頭が。

おやおやおや、クチバスズメちゃんではありませんか。

ツチグリかなんかの仲間かな。ほんと栗みたい。でもなんか周りの花びらみたいな所の裂け方が違うような気がせんでもないのでツチグリかどうかは知らない。

例のゴミムシ的な人。綺麗だとは思うけどねえ。

ツユムシとかクダマキモドキとかソレ系のひと。

羽化トンボ。眼の雰囲気とサイズ感からしてなんかアカネの類?
もう少し左に回って見たかったけど、これでも半身崖の方に乗り出しての撮影。足滑らせると死ぬやつ。

雨だと常連化するちびトノ。いたるところで

ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん、 ぴょん、ぴょん

…このネタわかる人いるんか…?

まあいいや。

ラストはなんか緑色っぽいトゲナナフ氏。茶褐色のしか見た事無かったが、一部の情報によると緑色のものもいるとかなんとか。ただそう言った情報が載っているサイトの類を見ても、全部若そうな個体ばかり。こいつはどうなのかなあ。よくわからんね。

ってな感じで今日は前半案内、後半自由行動でフラフラしてみたけど、ラインナップ的には特別感無いね。まあでも蛇それなりに見て貰えたのと、トゲナナフシは西の虫なので喜んでもらえたようだけど。

コメント コメントを追加

  1. にわか より:

    かまいたちwww

    でもほんと蛇見つけるの早すぎでは…?
    流されてくマムシ速すぎでは…?
    そして写真の現像から記事書くまでも早すぎでは…?

    意味わからんねんけど.
    ほんでも楽しかったよ!ありがと!

  2. Tamaoya より:

    わかるやつおったわろた

    蛇は数年間毎日見に行ってたからなんとなく居心地良い場所わかると言うか。
    んでもほんと高速で流れてくの可愛かったね。
    現像と記事は手間掛けたくないからぱっぱとやってお終いね。

    いやでもほんとお疲れさん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です