海だけど

カワウ。

あんまり良いレンズじゃないから画像として見るとグズグズだけど、雰囲気で、ね。

秋深まって鳥見にはどんどん条件が良くなってるが、鳥屋の入り口に立った位の人間は機材何で挑むのが良いのかな。そろそろ僕が大好きな鳥に出会いやすい季節だから、なんとか写真撮りたいのよね。会うのはさほど難しくは無いんだけど。

タムロンの150-600はAF精度きつかったし、シグマの150-600も借りた印象では似た感じだったし。60-600持って山うろうろする勇気はないからもっとライトに楽しみたいんだけど、それこそ写真諦めて双眼鏡…?

それはそうと、某月某日、機内に置いてあった某ぬいぐるみの撮影して良いか尋ねたら、何故かCAさんとのツーショット写真撮る流れになった。謎(笑)

コメント コメントを追加

  1. にわか より:

    待ちの鳥撮より探索のが合ってそうな君には300/4PFにTC-14E III、556PF、オリンパス300/4に1.4と言ったフットワーク重視な機材がオススメやけど、蛇撮レンズの556モードでもいけると思うで。
    撮りたい鳥が決まってるなら適したシステム提案できるよ。

    あとLiddyからTHNAフォーラム管理人宛てに君の連絡先教えてくれってmail来てたてさ。

  2. Tamaoya より:

    Liddy is 誰…。
    まあとりあえず宇垣氏に連絡取ってみるわ。さんきゅ。

    撮りたいのはワイがいつも「クチバシがキュート」つってるアイツですわ。500で頑張れそうならチャレンジしてみるけど、近付けた試し無いのよなあ。オススメレンズはどれもお高いな。鳥撮こわい。

    1. にわか より:

      ああ~あの鳥か~。
      下界で探した方がいいよ。全国的には留鳥やけど、陸の孤島は秋の午前しか来ないし、警戒心強いからね。
      あと800mm以上欲しいカモ?

      1. Tamaoya より:

        マジか…。ここでも陸の孤島クオリティが…。

        まあボチボチ頑張るわ。800は結構難しい壁やね。なんか考えてみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です