再会

少し前に帰国していたにわかちゃんとお久しぶりのフィールド…と言うか、ちょっと気の早い夜桜会…否…フィールドしてきました。先日の企画の際参加してくれたMIZUMAちゃんも行きたいと言うので「夜桜会とは名ばかりで、実質ただのフィールドだよ」と伝えた所、「むしろそれの方が行ってみたい」との事で急遽3人でうろうろ。フィールド超初心者さんがいるので、夜景も桜もそれなりに楽しめそうな場所をチョイスして行ってきました。

まあ一応名目は夜桜…と言う事なので、気の早い桜撮影をちょっとだけ。

丁度この三分~七分ぐらいな感じが結構好きだったりするんだけど、写真的に夜撮ってもこう言う特段樹形が良い訳でも無いのはイマイチ絵にならんと言うか難しいわ。

まあ…桜は置いといて。

桜を見ていたらゴミグモの雌が網を張っていました。脚の隙間からそっと覗いた目がかわいい。実は僕が知ってる限りの蜘蛛の中ではゴミグモが一番好きだったりする。

それからLED灯にはヒゲマダラエダシャクと思しき蛾が。
名前の通り、触覚の主軸がまだら模様でかわいらしい。なんか微妙に厚みのある胸部と言い、立派な幅広の触覚と言い、きっと顔面側から見るとかわいいと思う。これは予想だけど、僕の予想は当たるんだ。

んで、なんかやたら暖かい夜だったのでそのままうだうだしていたら…

なんか か っ 飛 ん で き た

うむ。見まごう事無きエゾヨツ。
 ずっと飛び回っていて、落ち着く気配がまるでなかったので、にわかちゃんに望遠借りて無理やり撮ったのが上の一枚。300mmレンズに2倍テレコンかまして600mm相当…のレンズで超クロップ撮影しているので画角的には1500mmぐらいかな(笑) 一瞬だけ壁にタッチして、この直後夜陰に消え去って行った。ただの記録とは言え我ながらよく撮ったなーと言う気はする。真っ暗闇、1500mmでこの程度の大きさに写る距離感で飛び回ってる蛾撮るってなかなかしんどい。
 まあ、今日行った地域で出てるなら一般的な暖地では相当前から出てんだろうね。大体予想通りの展開かなーと言う気はする。今年は月と天気を考えると我が地域で見るのは多分かなりハードル高いので、春の3大蛾(あんまりこの呼称好きじゃない)はまあ何かのついでに見られたら良いかなーぐらいの緩い感じで構えておこうと思う。蛾はその年の天気と月の関係でチャンスはまた来年と言う事案が多すぎるので、多産するような場所と、灯火頼りの場所とでは難易度が桁違いなのが厳しい。

んで、この後にわか宅にちょっとお邪魔して雑談したり軽く飲んだりしてたんだけど、折角MIZUMAちゃん来てるので、先日の企画の時のモノクロレタッチを細かく教わってきた。

上のゴミグモ写真のモノクロVer。
うーむ。ベースが自分の写真なのがアレだけど、やっぱ良い。

ちなみに「こないだのモノクロかっこいいね!」って言ったら「あ、じゃあ教えましょうか?」って惜しみなく教えてくれるMIZUMAちゃんは神か何かなのか…。ありがとうございました…!!!

いやあ、それにしても、やっと、少しずつ、撮る物が増えて来た感じするね。我が地域でももう少し色々見られると嬉しいんだけど、まあ贅沢は言うまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です