成長

ぐんぐん成長していくオオカマキリ。

カメラオタク向けの表現をすると、20mm最大撮影倍率0.5倍でこの大きさに写るぐらいには成長してきた。

僕が観測している限りで生き残っているオオカマキリはこの個体だけなので、生き残らんかなあと期待を込めている。あまり感情移入しすぎると碌な事にならないので、たまに見かけると嬉しい位の距離感は保っていようとは思うのだけれども。第2陣が未だ出てこないのでそちらも待ちわびているのだが一体いつになるやら。


さて話変わって機材編成の件だけど、今漠然と軽量化計画を進行中。マウント分かれてしまっているボディを統一してしまった方が良いのかなあと。

Z8だかZ9だかが出てくれたら身動き取りやすいんだけど、とりあえずとしてZ7以上の何かにまとめて、レンズは10-18、20、24、60、24-200、300の計6本まで減らしたいな、と。まだ決定ではないし、なんかお別れするのは惜しいと言う未練のようななんとも言えない感覚がある物もあったりするんだけど。

とは言えねえ。写真撮るのは好きだしずっと続けられるのが理想だが、足腰がもう既にボロボロ。特段記録に残したいような良い環境が身近にある訳でもないしで、もう少しフットワークの方に振って行ってもいいのかなあと思っている次第。

ただこのままフィールド出られる時が来たとしても、飛行機やら高速やら利用する遠征はちと厳しい(腰的に)ので、鉄道ベースの移動か近場制限かにはなりそうな気はしている。なので、フットワークも何も…という感もあるし、変えるほどの事か…?と言う感もあって揺れに揺れておる次第。この悩みをバッサリ解決してくれる、なんかドハマリシステムあれば良いんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です