終活

人に迷惑がかかる可能性のある趣味は、自分の手が回るうちにちゃんと終わらせようね…と言うお話。

ハイこんにちわ。

週末見に行く場所も物もないって事で、実家の方の庭木伐採をゴリゴリ進めました。

うちの父親が庭木弄るの好きだったんですが、晩年は目が悪くなって碌に全容を把握できてない癖に、「代わりに切るよ」つっても「自分でやる」の一点張りで。

んで父親死んでから段階を経て盛大に伐採を進めていたんですが、それでもまだ厄介な木が幾つか残っていたので今回はその残りを伐採しました。

手鋸で樹高6~7m、幹の直径20cm前後の月桂樹数本と樫、サルスベリを伐採。

正直、手が回るレベルの庭木なら全然残っていて良いんですが、2階の高さ超えてくると、流石に素人が維持できる高さじゃないですし、毎年業者呼ぶのも色んな意味でダルイので、自力でなんとか出来るうちに終わらせておこう、と。

特に月桂樹は成長が早過ぎて、毎年2mぐらい伸びちゃうので、「ごめん、無理」ってなりました。庭に植えちゃいけない木の筆頭ですね。

で、ここから葉っぱをちまちまと鋏で落としていきます。

それはもう黙々と。

4,5時間切り続けたでしょうか。

45lゴミ袋11個分の葉っぱ。

ゴミ捨て場に持ってくだけでもめんどくさい量です。

処分に滅茶苦茶困る丸太。

こっちもなかなか厄介な枝の山。

ここには写ってませんが、家の裏にこの倍量ぐらいのカイヅカイブキの幹も残っています。
昨年カイヅカイブキの樹高を下げた時には剪定ごみを市指定の業者に持って行ってもらったところ、パッカー車を動員する羽目になり3万ちょいはかかってしまったので、今回も処分に頭を悩ませることになりそうです。

丸太でなんかDIYでもできればいいんですが、中途半端な量だったり樹種だったりで特に用途も思いつかず。
レシピ手に入れてワンボタンでトンカントンカン、家具が出来あがる世界の住人だったら良かったとこの時だけは真に思いました。

まあ月桂樹は彫刻に良いとか言う話は聞きましたが。
欲しい彫刻家の方がおられたら是非←

作業中視界の隅で何やら赤い物体が動くのが見えたので見てみると、ナナホシテントウが動いてました。
あまりの温かさに動き出してしまったのか、僕が越冬の邪魔をしてしまったのか、実際の所はわかりませんが。

それはまあ置いといて…

厄介な枝を分別していきます。
それはもう黙々と。

枝の処理のしやすさ別に山を分けて行きます。

いや、分けたところで市のごみに出せるサイズにはならないので、これまたどうしたもんかと言う感じなんですが、欲しい人がいたら(ry

まあ…飼育ケージのレイアウト用の枝とかで使うしかないですかね。
細かいのは短くして行って、40cm以下に出来れば市のゴミに出せるんですが、何百回ノコギリで切断せねばならぬのかと思うと頭が痛くなります。

そして更に厄介な事に切り株が残ってるんですよね。

切り株除去はそれこそ業者に依頼するとアホみたいに金かかるので、いずれまた気合と根性でぶっこ抜きます。

ちなみに今回の作業で庭に軽トラ数台詰め込めそうなスペースが空きました。今のところどう使うか何のアテも無いですが、花植えるとか低木で生垣作るとかかな…。蛾屋モドキ的にはクチナシとかアベリアとかが良いですかね。

いやー…

マジ疲れた。

無限に温泉浸かってたい気分。

ほんとこう言う趣味は、始めた人がちゃんと終わらせて欲しいです。


さて次の週末…とは言わないけれど、そろそろフィールド成分でなんか見とかないと心が病みそうなので、なんか面白い遊び見つけときたいです。

我が市にはヤマアカもニチアカもいないのでスルーしましたが、ヒキガエルはワンチャン生息地のアテは無くは無く…。なんですが、目視でどうにかなる場所ではないので、ドローン買ってみようかなーとか思わんでもない感じ。
いつの間にかMavic mini2とかがだいぶ買いやすい感じの値段っぽいですし。旧型の無印Miniならフライモアコンボでも5万ぐらいで買えちゃうのでそっちでもいい気はしてます。

とは思うものの微妙な場所でカエル探すためだけに5万使うならチェーンソー買うか(今更?)ともなるし、5万でその辺買うなら、幾らか足してなんか機材買おうかなーとか言う気分にもなって来てね。

とりあえず伐採した丸太の事は一旦忘れてなんか思いっきり遊びたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です