レタッチ

いつも通り撮る物無いな~どうしようかな~と考えていたら、先日買ってちょろっと使ったインクのことを思い出して、ガッツリ減ってしまう前に記録撮っとこうと撮影してみたんだけど…

折角だからレタッチして遊ぼうと思って気持ち暗めに撮っておいた。

Twitterに貼る分に関してはまあ別に何か目的がある訳でもなしこれでいいやと言う事にしたんだけど、こちらではちょっと手を加えて遊んでみよう、と。

まあそれ以前にブツ撮りとしてちゃんとやるなら…
・被写体と周辺の念入りな清掃
・箱のラベルが読めるように撮る(或いはコンポジット見越した撮り方する)
・ガラス瓶の場合は瓶のシェイプ、マテリアル感以外にも透過光使って液体感もちゃんと出す
とかその辺は最低限必要だと思うし、ブツ撮りガチ勢にはもっとセオリー的な事もあるのかも知れないが、僕はその辺ちょっとわかんないのでこの画像をそのまま弄る事にする。コンポジットは無し。

んで、上のままだとちょい暗いし雰囲気も足りない感じがしたので、①色味を触ってアンティーク感出す、②背景のオレンジを主張させてコントラスト重視で見せると言う方向で調整してみた。

まあうだうだ言うてないで貼ってみましょう。

とりあえずこんなもんで。

彩度は特に触っていないが、明るさとコントラスト触った分彩度もつられて上がったので、オレンジの彩度はその分キャンセルする形で下げてもいいかなと思ったけど、たまには派手目なのもね。

色味に関してはポストプロセスでどうこうするより、プリプロセスでこう言う方向にしよう…と決めて撮るのが好きなので、実はTwitterに貼ったやつの方が事前に用意してあった色味をスタンダードに戻しただけだったりする。


ここもTwitterも一応写真とか動物とかのことを書く場所…と言う事にはしているので躊躇ってはいるんだけど、こうも暇だとなんか万年筆のこととかゲームのこととか無限に語っていたい。なんか良い場所ないかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です