如実に

投稿日:

先日の台風崩れ以来、梅雨みたいな日が少し帰ってきている今日この頃だが、温度湿度は着実に上昇の兆しを見せている。
暑い夏になると露骨に生物達が見やすい場所から消えて行くので、労力と成果が見合わない事が多くて遠征したくもなるのだが、まあどうせ今年もどこにも行かんだろうし(物件見に行くついではあるかも知れないが)…と言うことで今日も今日とて畑へと。

さて本日一発目は、中型の白い蛾。
なんとなくシャチホコかドクガ的なのかなーと思ったけど同定には至らず。
ちょっとしたカトカラぐらいには存在感あったんだけど、謎いね。

草むらにはカマキリの姿も増えて来たが、相変わらず草むらの虫は観察し辛い環境なのでなんともかんとも。

そしてまた溝を登りたそうにしていたマムシ。

例によって登れず倒れては硬直して…を繰り返していたが、流石に前回の草刈りからだいぶ日数が経っていたので、垂れ下がった草を見つけてからは一瞬でよじ登って行った。

そして雨の気配を察知したのか再び現れたモリアオ。
クソ遠いのはいつもの事だけど、今日は地味に鳴いてるやつ多かった気がする。

ラストはナナフシモドキ…かな。

久々に20mm使った。
このレンズ、被写体が都合の良い場所にいる事が殆ど無いから年間5,6回ぐらいしか出番無いんだけど、なんだかんだ軽いから鞄に放り込む事が多い気がする。
まあ夜使ったとて…感は正直あるんだけどもね。


さて…

昨晩ちょっと時間が中途半端に余ったから久しぶりにがっつり工作をして、メインで使っているライティング(v1.9とナンバリングしていたもの)に手を加えた。

ナンバリングしておく目的はと言うと、写真とライティングの番号を紐付けて保管しておくことで、過去の自分の写真のライティングを一瞬で思い出せるようにするため。

と言うことで今回はv1.9.7とでもしておこうかね。

1.9から外に漏れる光の成分を切った事によってやや硬調にはなったものの、周辺の反射光は拾いにくくなったので、一長一短かなと。

まあ今回その差が顕著に表れる被写体に出会ってないからアレなんですけども。
ちゃんと想定した使い方出来てないとライティングなんて考えるだけ無駄とも言えるので、ネイチャーフォトにおけるライティングって完成形に至るまでどえらい時間かかりそうだなー。やだなー感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。