17-70mmのお試し中に、珍しい(?)ものを見つけた。ここらではなかなか見かけないアゲハモドキ。

一説によると毒を持つジャコウアゲハの雌に擬態しているとも言われているらしい。とは言え南方系のジャコウアゲハと違ってこいつは北海道にもいるので疑義ありな感じでもあるそうな。そんなん元々南方系だったのが分布を広げる際に耐寒性の差で…とかなんぼでも理由は探せそうではあるが、まあいいか。

残念ながらだいぶスレてしまっている個体だったが、ライトラ誘って貰って高標高地へ行った時にしか見た事が無かったので嬉しい不意打ちである。一度完品と言える程の綺麗な個体にも会ってみたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です