ライトに飛来したクチバスズメ。僕は勝手に兎顔だと思っている。一口にスズメガと言っても、スズメガ科にはスズメガ亜科、ウチスズメ亜科、ホウジャク亜科とあり、結構顔面の造形が違っていたりする。そんなスズメガ科の中でもクチバはぶっちぎりで兎系の造形。

離陸直前の「飛ぶぞ飛ぶぞ」と言った感じの前足上げポーズだが、このポーズで触角ピーンとなってると、一層兎っぽい気がする。

まあ勝手な思い込みはともかく、翅の模様が木目調で上品だし、差し色にオレンジをチョイスすると言う辺りお洒落レベルが高い。基本的なカラーリングとしてはベージュ、ダークブラウン、ブラウン、オレンジと同系色の濃淡を見事に使い分けていてセンスが良すぎる。日本人も同様にダークブラウン、ブラウン、オレンジで纏めればお洒落に仕上がるはずだ。

なんか脱線した気がするが木目擬態っぽい見た目なのは確かなので、その容姿が生きるシチュエーションがきっとあるはず。自然界ではこの模様をどのように活用しているのか…一度見てみたい物だ。ちなみに彼らの活動時間は僕が最も元気になる時間帯に近いので、友達になれそうな気がする。

ところで…着地に失敗した姿もメチャクチャ可愛いので見てやって欲しい。特に肢。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です