預託

先日の望遠テスト投稿後、にわかちゃんが「大砲持って行けない場所に週末取材遠征行かねばならん」と言うので、急遽無理やり時間を作って日中テスト。

なんとなく500/5状態の時と、300mm未満は普通に実用の範囲って言うか普及ラインの当たり玉ぐらいな写りはする気がするけど、重さには見合って無いような…?

600/5.6状態の近接。アシナガバチの求愛行動…かな?
流石に600となると急激に画質が厳しくなるが、まあ50-600/2.8-5.6と思えばまあアリなのか…?似たような画角と総重量ならSIGMAの60-600か、70-300と556の組み合わせの方が普通に良いと思うけど、僅かにこちらが軽いのと、広角側は完全にこっちのが上位なのでT端も使うけどW側重視みたいな時は望遠メインの人でも選択肢に入る…のか?

まあ僕の使用目的が蛇撮りガチレンズの超望遠流用ってだけなので、望遠端を重視するような運用(鳥とか飛行機)ガチな人々には厳しいとは思う。コスト的にもそこそこの大砲買った方がだいぶ安いし。

と言う訳で明日の晩には、にわかちゃんに一旦マイレンズお預け。願わくばコイツにいい仕事して欲しいけど、道具的にちょっとどうなん…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です