ただそこに

ただそこにいたから撮ってみただけ感しかないダンゴムシ&テントウムシ。ダンゴの方は剪定作業してたらどっかから転がってきたところ。

語る事も無くとにかく酷い扱いである。

しいて言うならこういう丸くてツヤツヤしたもののライティングどうするかって話なんだけど皆さんはどう撮るのが好みですかね。

立体感出すなら外縁に半逆光でハイライト入れて、中央は弱めに起こす感じ?

ライティングとか考えずに自然光で適当に?

正解は人それぞれだけど。

こう言う質感の生物たちって光を回し過ぎてものっぺりするだけなんで、どこにどう光を入れるか、ちゃんと考えて撮らないとただ撮りました感が増していかんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です