ロップイヤー

中途半端に発達した翅が、まるで垂れ耳ウサギのような印象さえあるエダシャク亜科かナミシャク亜科のフユシャクの雌。恐らくエダシャク亜科ではあると思う。絵合わせ的なガバガバ同定ではチャオビフユエダシャク。 フユシャク亜科の雌と…

ウスバとウスモンとクロテンと

唐突ですが、僕はウスモンフユやクロテンフユのような中横線・外横線の間に黒点があるタイプのフユシャクの同定が苦手です。 調べてみても同定方法が結構曖昧と言うか、経験に基づく判断や、「総合的に見て」と言う便利な言葉で濁されて…

見慣れぬキリガ

どんな種でもそうなんですが、初見の生き物に出会ったときは例えネットや図鑑で見た事があってもどこか新鮮で、嬉しくて、そして未知と遭遇したような驚きがあります。それが例え巷でどこにでもいる普通種と言われていようとも。今回はそ…

比較

先日行った大阪府のフィールドがフユシャク観察に向いていると言うか、比較的楽だったので昨夜もまた行ってきました。今季真面目にフユシャク探さないかもみたいな事は言ったのに、楽な所を見てしまうとダメですね…。通い辛いのが難点で…

兵庫県のフユシャク

僕が参考にしている文献によると、兵庫県で確認されているフユシャクは2017年時点で14種と言う事になっている。これは正式に短報なり報文なりが出された種だと思われるが、ネットを見ていても未記録のはずの種が結構撮影されている…

薄紋

ウスモンフユシャク Inurois fumosa.…だと思われます。同定に自信はありませんが、周囲にいた雄雌や時期、周辺の植生などから消去法的に。 20 Jan 2020.いつものライティングの違った運用方法のテストです…

ヒョロ

K女史がカエル見に行きたいからついてきてくれと言うので、R女史と共にくっついて行ってきました。と言っても僕は疲れ果てていてやたら眠かったので近くの東屋に寝袋設置してだらだらしてたんですが。 すると東屋の柵で何やら木くずの…

振り返り

今日もぶらぶら夜散歩。夜このポイント来る度に毎回目に入ってたんだけど、まだ残ってたのねって感じのハチタケ。 今回はOM-D E-M5 MkIIに30㎜マクロで。先日のLaowa24mm使用感の記事の時に書いたけど、口径が…

久しぶりに夜山に行く時間が取れたので、夕方から地元の山を彷徨ってきた。地元の山は不毛地帯なので極力行きたくないのだが、明日朝がまた早いので、移動に時間のかかるフィールドには行けず、とは言えじっくり時間かけて山歩きたいし……

復権目論み

なんか撮影をしていたらいつの間にか年が明けてました。新年になっても撮影の事ばかり考える日々で忙しい感じです。ポトレ再開後時間があまり取れなくなりましたが、フィールドの方も疎かにはしていられないので、ぼちぼち自分が不満に思…

暖地では

暖かい平野部ではまだおるんね。まともな機材無くてめちゃ適当だけど。彼女らだけでなくカマキリやトゲナナフシも元気なようだし、一年中絶え間なく遊べそう。やっぱ早期の引越かな。 ちまたでは暖冬だ〜って人と厳冬だ〜って人とで二極…

ふわふわ

林内にいたふわっふわの毛玉。フレッシュさや止まり方からして羽化したてだったりするんだろうか。 調べてもそれっぽいのにあたらず困っていたが、翅の模様、配色からしてカバエダシャクの雌か。灯火にはあまり来ないと言う話もあるが、…